塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

コーキング・シーリング!チェックしてますか?

塗装の豆知識 2021.08.19 (Thu) 更新

松山市のみなさま、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です!

 

コーキング・シーリング」とは・・・

建材の隙間をうめる作業や工程のことを言います!

建築現場では同義語として使われることが多く

コーキング」と「シーリングという言い方があります。

隙間を埋めるための材料であるパテなどのことを

「コーキング材・シーリング剤」と言います。

🔵シーリング材

構造体の目地、間げき部分に充填して防水性、気密性などの機能を発揮させる材料

🔵コーキング剤

展色材(天然樹脂・合成樹脂・アルキド樹脂など)鉱物質充填剤(炭酸カルシウムなど)

を混合して製造したペースト状のシーリング材。

 

コーキング(シーリング)は、外壁やサッシ・ベランダなどの外装から、お風呂、キッチンなどの水回りまでお家の様々な箇所で見られます。

コーキングを劣化したまま放置するとどうなってしまうのかを見て行きましょう!

・コーキングの劣化

外壁の隙間を埋めて雨水の侵入を防いでくれるコーキング。防水の役目を果たしているコーキングが劣化してしまうと、雨水が浸水し外壁材を痛めてしまいます。

コーキングは一日中、紫外線や雨にさらされているため、徐々に劣化していきます。

なかなか気づきにくい箇所の為、注意しましょう!

・コーキングのひび割れ・剥がれ

最初はひび割れから始まり、次第に欠落してしまうように劣化していきます。

そうなってしまうと塗装だけでは保護のできない状態になってしまいます。

 

まだキレイな状態のコーキング

 

要注意!!

劣化が目に見え始めた状態はすでに修繕が必要です。

黒く変色している場合もあります。

ひび割れ

縮み

 

コーキングは住宅の外壁、室内の水廻りにも使用されています。

ひび割れや、縮みが見え始めたら早めのメンテナンスを心掛けましょう。

特に外壁では放置することにより、防水性や耐久性が失われ外壁自体の寿命が縮んでしまいます。

早期発見で早めのメンテナンスをお勧めします。

 

影浦塗装工業ではコーキングの劣化診断も受付ておりますのでお気軽にご相談下さいませ。

 

 

影浦塗装工業は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。