塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

ベランダ・バルコニーの塗装すべきタイミング

塗装の豆知識 2021.08.01 (Sun) 更新

松山市のみなさま、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です!

ベランダ・バルコニーは風や雨にさらされたり、ホコリなどで汚れてしまいます。

定期的なメンテナンスが大事で、傷んだ所は交換などを行う必要があります。

老朽化した場合には交換をすることになりかねません。

 

厳密に言うと、屋根がないものを「バルコニー」

屋根があるものを「ベランダ」と言います。

最近はあまり区別されないようです。

 

バルコニー・ベランダは屋外にさらされているので、防水塗装が施されています。

ベランダ・バルコニーの床面は、下地の上に「防水層」を作り、

その表面に「トップコート」を塗ることで構成されています。

トップコートには、防水層を紫外線から守るという役割があります。

 

ところが以下のことに当てはまる項目があるベランダ・バルコニーには

早急にトップコートだけでも塗り替える必要があります。

劣化度💣💣💣表面の色あせ・大きなひび割れ剥がれ

       やふくれ・雨漏り

劣化度💣💣小さなひび割れ

劣化度💣表面を触ると手に粉が付く・表面の汚れ

実際の事例として目に見える剥がれを放置していた結果内部の合板が腐り大規模な工事が必要になってしまった例もあります。このような危険信号が出ていないか、年に一回は実際に目で見て確認する必要があります。

表面の色褪せ

床の表面に色褪せが見られたら、トップコートの機能が低下しています。
なるべく早めにトップコートの塗り替え工事を依頼しましょう。

塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ

ひび割れや、剥がれ・ふくれた箇所を見つけたら、

トップコートの塗膜だけか、防水層から劣化してしまっているのかを業者に確認してもらいましょう。めくれかけた部分や浮き上がった部分がある場合には、トップコートや防水層だけではなく、下地の工事も必要になる可能性が高いです。

 

 

 

水がたまる

ベランダに水がたまるのは、排水口にゴミがたまっている、防水効果が切れてしまっているといった原因が考えられます。まずは排水口の掃除をご自身で行い、水が流れるか見てみましょう。それでも解決しない場合は、業者に現状をチェックしてもらってください。

状況に合わせて以下のような対応が必要です。

雨漏り

雨漏りは、最も緊急性の高い状態です。

こちらも業者に依頼し、雨漏りしている箇所をチェックしてもらいましょう。ベランダの床の防水性が失われると、水が建物内部へ浸入して建物を支えている大事な柱や梁、骨組みなどが錆びたり腐食させたりしてしまう危険性があります。

 

このような症状に早めに気づきメンテナンスをおこなって、お家全体に悪影響が出たり高額な修理費がかかることも防ぎましょう。きちんと点検してベストな状態を!

 

ここからはトップコート・防水層の主な種類を見ていきましょう。

トップコート

       ウレタン   ポリウレタン

おススメ度  🔴🔴🔴   🔴

工期     1~2日   1~2日

耐久性 伸縮性に優れ上部 重ね塗りに適さず割れやすい

 

防水層に使われる素材は主に以下の4種類です。
防水層
       FRP防水  ウレタン防水 

おススメ度  🔴🔴🔴  🔴🔴

工期     1~2日  3~4日

耐久性    10~13年  10~13年

よく使用される場所

       ベランダ   すべて

 

       シート防水 アスファルト防水

おススメ度  🔴     🔴

工期     3~4日  3~4日

耐久性    12~15年  15~20年

よく使用される場所

       屋上   広い屋上

 

ベランダ・バルコニーをメンテナンスする目的は防水層は水の浸入を防ぎ、トップコートは防水層を紫外線や汚れから保護する役割があります。ベランダの防水塗装には、どちらも欠かせない塗料です。

 

外壁や屋根同様、ベランダやバルコニーも長い間風雨や紫外線にさらされれば、やはり傷みや劣化症状が現れます。劣化した状態で放置しておくと、お家の耐久性の低下に繋がることもあります。特に、防水対策は重要なポイントになるので早めに見極めることが大切です。

影浦塗装工業は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。