塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

付帯塗装って何??

塗装の豆知識 2021.08.06 (Fri) 更新

松山市のみなさま、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です!

お家を塗り替える時、業者さんから付帯部分はどうされますか?と聞かれました。

「ん?付帯部分?・・・壁のこと?」

少し劣化がみられます。「え?瓦?」

付帯部とは、建物本体についているさまざまなパーツで壁面と屋根以外の細かい部分のことです。

主な付帯部は、軒天・雨樋・雨戸・破風板・水切り・ケラバなどがあります。

なかなか耳にすることのない言葉ばかりです。

この機会に、お家の細かな付帯部を知ってみてはいかがでしょうか。

20210726131120676のサムネイル

棟板金

  

(むね)とは戸建て住宅の最も高い位置に取り付ける屋根部材です。

スレート瓦や金属屋根で用いるは金属製であるため棟板金むねばんきん)と呼ばれています。

屋根の内部に雨水が入らないようにかぶさっています。

スレートや金属屋根には必ずついているものです。

(スレート瓦はセメントや粘土などを基材にした瓦のことです。)

ケラバ

切妻屋根(きりづまやね)や片流れ屋根の外壁から出っ張っている部分で

部材名ではなく場所を示す名称です。

見方を変えれば、妻側の端部分とも捉えることもできます。

通常は屋根材と破風板、水切り金具などで覆われています。

雨樋がついていない側をケラバといいます。

 

破風

破風とは、屋根の妻側の端の部分のことを指します。

そして、そこに取り付けられている板のことを破風板と言います。

伝統的な建物では、彫刻を施した板が貼り付けられて装飾性を持っていましたが、

現在の建物ではシンプルなデザインのものがほとんどになりました。

軒天

 

 

軒天とは、家屋・住宅の外壁から外側に伸びている屋根の裏側部分にある天井のことを指します。

最近ではデザインも豊富になってきています。

軒下は耳にしたことがあるかもしれません、軒下から見上げた部分が軒天になります。

 

実はこの細かな部分たち、それぞれに修理や塗装が可能なんです!

なかなかご自身ではお掃除やメンテナンスが難しい箇所になります。

もし破損していたり気になる箇所がございましたら、当社の専門スタッフがアドバイスさせていただきますので、お気軽にお声がけくださいませ。

影浦塗装工業は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

👇無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ👇

     クリック😊😊😊😊😊😊😊😊

 🟠🔴選べる3つの無料相談🔴🟠20210822135221006のサムネイル

        無料電話

    通常営業9:00~18:00

    お電話にてご相談受付中

       0120-481-555

         LINE

     日中お時間のない方に

       

     公式アカウント😊友だち追加

     営業マンとのやり取りが簡単に!!

        ご来店

     駅から徒歩2分圏内

   影浦塗装工業塗装専門ショールーム

      まずは無料相談!!

疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

🔴🟠🔴影浦塗装工業塗装専門ショールーム🔴🟠🔴

   松山市余戸駅前に塗装専門

      ショールームがOPEN!!

  専門スタッフが無料でお家のお悩みを

         解決させていただきます☆

   

   

インスタグラムからも

ショールームの様子をご覧いただくことができます。

お気軽にご観覧くださいませ。

  

Instagram by KAGEURATOSOU