塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁塗料シリコン塗料編

外壁塗装塗料塗装の豆知識 2021.07.21 (Wed) 更新

松山市のみなさま、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です!

塗装をする目的は3つあります。

「美観・保護・機能」

美観

塗装によって色とつやを表現し綺麗に住宅を美しく見せてくれます。

保護

建物の劣化が原因である紫外線や雨風を、塗膜で保護します。

機能

防水・遮熱・低汚染・防カビ・セルフクリーニングなどの性能を塗料に付与することで、より快適に住めるようになります。

 

この3つの目的の中でも「保護」の役割が特に重要です。

もし外壁に塗装による保護がない場合は建物外部だけではなく内部の劣化も進み、場合によっては補修に多大な費用がかかる可能性があります。ご自宅に長く住むためにも塗装によって保護することが大切です。

 

本日は塗料の種類をご紹介します。

まずは塗料メーカーのご紹介です。

みなさんもCMなどで聞いたことのある会社があるかもしれません。

どのメーカーも同グレードの塗料であれば性能に大きな差はありません。

*日本ペイント

パーフェクトトップ

特徴:日本最古の塗料メーカーで、シリコン・フッ素・光触媒系の塗料を得意としています。

*関西ペイント

セラMシリコンII

特徴:自動車や造船を含めた塗料業界でNO.1の売上を誇るメーカーです。

*エスケー化研

エスケープレミアムシリコン

特徴:建築仕上塗材の売上NO.1のメーカーです。アクリル系の塗料を得意としています。

*アステックペイントジャパン

EC-5000PCM超低汚染リファイン

特徴:遮熱と防水機能のある塗料や、汚れの付きにくい超低汚染塗料を得意としています。

*菊水科学工業

ビュートップシリコン特徴:環境・安全にこだわって商品開発を行っているメーカーで、水性塗料を得意としています。

*日進産業

ガイナ

特徴:宇宙ロケット開発技術を応用して生み出された塗料「ガイナ」を取り扱っています。断熱、防音を得意としています。

外壁・屋根塗装で使用される塗料の種類には、主に5種類あります。

塗料 特徴 こんな方におすすめ
アクリル塗料

・価格が安い。

・耐候年数が短いので、短期間での塗り替えに適している。

*短期間で外壁を塗り替えたい方。

*DIYで手軽に塗装を楽しみたい方。

ウレタン塗料 ・伸長性が高い。

・独特の光沢あり

・密着性が高い。

*雨樋などの付帯部を塗り替えようとされている方。
シリコン塗料 ・価格と耐候性のバランスが良い。

・耐候性が高い。

*長期的に外壁塗装にかかる出費を抑えたい方。

*お手軽な価格で性能の高い塗料を使用したい方。

フッ素 塗料 ・耐候性がとても高い。 *自宅の外壁を長く美しく維持したい方。

*アパートやマンションなどの頻繁に修繕できない物件を所有されている方。

無機塗料 ・耐候性が非常に高い。

・藻や苔が発生しにくい。

*自宅を長く美しく維持したい方。

*湿気の多い場所に自宅を建てた方。

※同じ塗料種類でも、メーカーや商品が違うと耐久年数も異なります。


一般的に使用されるのはコストと耐久性のバランスがよい、シリコン塗料です。

カラーバリエーションも豊富です。

今回は、そのシリコン塗料について詳しく見ていきましょう。

シリコン塗料の特徴

「シリコン塗料」「シリコン樹脂塗料」とは、シリコン系・アクリルシリコン系の

合成樹脂を主成分としている塗料のことです。

(合成樹脂とは、化学反応により人工的に作られた高分子体で、自然界から採取される天然樹脂に対比したものを総称しています。)

 

シリコン塗料は、近年で一番スタンダードな塗料になっています。

理由として、値段と耐久性のバランスがよく、カラーバリエーションも豊富な事があげられます。

シリコン塗料はアクリル樹脂とシリコン樹脂を混ぜ合わせて作られています。

特殊な結合を持っており、ウレタン樹脂よりもより強い耐久性があります。

耐久性と価格から、コストパフォーマンスが良い塗料といえるでしょう。

 

乾燥が早く塗膜は日光や雨風によく耐え、酸・アルカリなどの薬品にも侵されることが少く

すぐれた性質をもつため、工業用・家庭用に広く用いられている塗料です。

 

 

 

メリット

・メンテナンスコストがお得です。

・紫外線や水などの劣化要因から建物を保護します。

・塗膜が長持ちするためメンテナンスサイクルの長期化に貢献します。

・塗り替え回数の軽減に寄与します。

・汚れに強い塗料。

・つやつやした仕上がり。(近年は艶消しもあり)

シリコン塗料は魅力ある優秀な塗料と言えます。

デメリット

・低粘度の塗料の為に顔料が沈殿しにくく、扱い方に注意して使用しなければいけません。

・重ね塗りには不向きな塗料

・ヒビ割れしやすい塗膜

塗布後は、それなりの柔らかさも加味している塗膜となりますが、10年後程度に塗膜が固くなってしまい、追従性に劣った塗膜となってしまいます。

その為、ひび割れしやすい塗料となってしまいます。

建物に動きが生じなければヒビは入りませんが、地震等大きな力が加わった場合、ヒビが起こりやすくなってしまいます。

このようなことを配慮しながら、外観を生まれ変わらせてまるで新築のようなカッコいい外観へと導きましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます😌

 

影浦塗装工業は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。