塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁塗装で知っておきたい情報の記事一覧

2022年6月24日 更新!
外壁塗装・失敗しない業者選びについて‼松山市塗装専門店
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! 03.施工について 後悔しない!失敗しない!業者選びのポイント ①外壁・屋根塗装の経験が豊富な会社であるか ハウスメーカー、リフォーム会社、工務店、ホームセンター、塗装専門店など、それぞれに特徴があります。 ②1級塗装技能士・建設業許可など資格・許可は持っているか 外壁塗装業は免許や許可がなくても開業できますが、中には実績と経験がなければ取得できない資格・許可もあるため、安心や信頼がひとつの目安になります。 ③信頼できる担当者かよく見極める 質問や相談をきちんと聞いてくれるか、的確に答えてくれるか、回答に誤りはないか塗料メーカーに確認するのも良いでしょう。 ④見積もりは複数の業者から 見積もりの場ですぐに契約を迫られるようなことがあったとしても、即決はせず2~3社から見積もりを取りましょう。 ●正しい施工とは 塗料には、メーカーが塗料製品ごとに定める仕様書(塗装仕様書・施工仕様書)が」存在します。仕様書は塗料のカタログやメーカーのホームページなどで公開されています。 *塗料本来の性能を発揮させるためには、仕様書通りの所要量(塗布量)や乾燥時間を守ることが重要です! 実は塗料の適切な塗布量を守らない塗装業者も存在します。 ご自宅の塗り替えに必要な塗料缶数は、仕様書の「所要量」から簡単に計算できます。 必要な塗料缶数の計算方法 ・所要量が0.12~0.15㎏の内容量15㎏の塗料で150㎡の外壁を塗装する場合 1㎡の使用量×外壁の面積÷1缶の量×塗り回数=必要な缶数 0.12~0.15㎏×150㎡÷15㎏×2回(2回塗りの場合)=2.4~3缶 3缶必要 04.価格のはなし 塗装工事の価格には定価がなく、適切な価格がわかりにくい現状があります。 「適正価格」は塗装業者の企業規模や経営体質、提供するサービス内容やフォロー体制などのよって変わるため、見積書の金額だけではわかりません。 差額の裏側にある「質」と「量」 見積り金額の差が生じる理由として、もちろん営業方法や企業規模も大きく関係してきますが、提供するサービスの質と量が業者に委ねられていることも一因として考えられます。 ・具体例・ ①マナー、技術、知識や経験、丁寧な説明ができる社員教育 ②来て見て触れる、納得と満足のショールーム ③必要十分な塗料缶数による施工 ④必要十分な塗り手間 ⑤現地調査報告、定期訪問、指示や是正、完了報告などの現場管理 ⑥定期点検、アフターフォロー、万一の対応、長い付き合いなどでの事業継続基盤 これらは、お施主様が最も求める安心感や満足度に直結するものばかりです。 設計価格とは 適正価格とは別に、単に「この塗料を使って塗る」という塗装工事の金額であれば、塗料メーカーが設定している価格基準「設計価格」があります。 設計価格とは材料代(塗料代)に塗る手間代(職人の人件費)を足した、標準的な施工を行った際の1㎡あたりの塗装にかかる参考工事金額のことで、建築では基本設計の試算に使われています。 この価格があれば、あとは塗装面積さえわかれば掛け算で塗装工事のおおよその目安を算出できます。各塗料メーカーは塗装の単価や仕様によって「設計価格」をホームページなどで公開しています。 設計価格=1㎡当たりの塗料代+1㎡当たりの手間代(人件費) *設計価格には足場代、高圧洗浄代等の諸経費は含まれておりません。 設計価格を用いればお施主様ご自身でも塗装工事単体の標準的な金額を算出することが可能です。 割高な理由も割安な理由も必ずあります。 ショールームを構え、たくさんの従業員と社用車を抱え、良い塗料を使い、施工後のアフターフォローもしてもらえる塗装業者もありますし、一方で塗り替えという作業を完了させるだけの塗装業者もいます。その良し悪しは別問題として、前者と後者の見積金額は大きく開いて当然です。 上質で長持ちし無償修理もできるハイブランド品を購入するのか、最低限の機能だけ果たせれば壊れたら買い替えで十分なのか。塗装も同様で割高な理由も必ずあり、それは設計価格とは別の話になります。   安価というだけでなく、お施主様の求める「価値」があるかどうかぜひ見極めてください。 ➤わたしたち影浦塗装工業は、お客さまの想いを皆で共有し、ご自宅を長期に渡り守っていくということをコンセプトにしています。 これから塗り替える住まいが、ご家族にとって一番大好きな場所となるように心を込めて新しい外観へと 塗り替えます! ➤わたしたちの仕事 01・塗装の必要性 現在本当に塗替えが必要なのか、一級建築士がご自宅の現場調査をさせて頂きます。 02・塗料の提案 目的に合わせて塗る!ということが外壁を長期に渡って保護します。 03・施工事例 一級建築塗装技能士による施工事例をご覧ください。 04・スタッフ紹介 みなさまをサポートしていきます。 05・簡単!お問合せフォーム お電話、メールからご予約承っております。 愛媛県松山市で外壁塗装・屋根塗装をご検討の方へ この度は数ある外壁・屋根塗装会社から当社ホームページへようこそいらっしゃいました。当社は昭和25年に創業してから72年間・松山市地域密着を経営理念に精進してまいりました。このご縁がお互いの良縁になることと心より期待申し上げます。 どうぞ、お気軽にお問い合わせページよりアクセスください。 お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555)

続きはこちら

2022年6月17日 更新!
色選び・艶選びでも変わる「寿命」 松山市塗装専門店
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! 03.色選び・艶選びでも変わる「寿命」 塗り替えを行う際に「どんな色にするか」「艶加減はどうするか」などを考えることは楽しみでもあり悩みでもありますが、実は選ぶ色や艶によっても塗膜の寿命は変わってきます。 ●色あせのスピードは「色」によって大きく左右されます せっかく塗装するなら、色あせしにくい色や塗料を選びたいですよね。 \選ぶ色によってここまで変わる!/ 紫外線に強い顔料・弱い顔料 顔料は、大きく「有機顔料」と「無機顔料」の2つに分けられ、退色のスピードや耐候性は選ぶ色の顔料によって異なります。 有機顔料とは 有機顔料とは石油由来の製品で作られる顔料。鮮やかな色が出やすいが、紫外線に弱い。 無機顔料とは 無機顔料とは、天然の鉱石や金属の化学反応によって得られる酸化物などから作られる顔料。鮮やかな色が出にくいが、紫外線に強い。 ・特に有機顔料の黄や赤などを含む色の場合、希望通りの色で塗り替えても時間が経過すると変色してしまう可能性もあるので、後悔しない色選択をしましょう。   ●艶の違いで塗膜の寿命は変わります 外壁塗装で使用される塗料は、主に「樹脂」「溶媒」「添加剤」の4つの成分で構成されています。塗料の艶調整は、艶ありの塗料に艶調整剤という添加剤を混ぜて艶を調整しています。 同じ樹脂でも相対的な樹脂の量は異なる。 調整剤を加える分、塗料(塗膜)の耐久性や耐候性の要となる「樹脂」の量を減らすことになります。 ひと缶に入る容量は、艶あり塗料も艶なしとも同じです。 そのため、艶調整剤を入れると樹脂の配合量が減る分耐候性は落ちてしまいます! ●艶あり塗料は汚れにくいというメリットも! 艶調整剤は塗膜の表面に細かな凸凹を作り、光(太陽光)を乱反射させ、艶が消えたようにみせています。艶あり塗料の表面はツルツルしてなめらかなため、チリやホコリなどの汚れが付きにくく、塗替え後の美しさを長期的に保つことができます。 ちょっとしたオプションでお住まいをいつまでも美しく・快適に 実は、塗料の選び方ひとつで得られる効果が変わったり、お住まいの美観を長く保たせることができます。 長期的なコスト削減をご希望なら「屋根用耐候性強化色」! 屋根用耐候性強化色で屋根・外壁の次の塗り替え周期を合わせてライフサイクルコストを削減 屋根と外壁(標準色)の耐候性差の生じない施工を可能にし、屋根と外壁の塗り替え周期も合うため長期的なコスト削減にもつながります。 POINT01 退色しにくい無機顔料を中心に調色 POINT02 光安定剤(HALS)を配合し劣化の進行を外壁並みに   夏の暑さ対策・省エネをご希望なら「屋根用遮熱色」! 屋根用遮熱色で室内の温度上昇を制御して省エネ効果とCO2削減にも貢献 「屋根用遮熱色」を使用することで、室内の温度上昇の要因でおる太陽光(近赤外線)を反射し、室内温度の上昇を抑え、省エネ・節電につながります。 通常調色の場合だと… ■太陽光(近赤外線)を吸収して室内温度が上昇、エアコンは強 ■エアコン室外機もフル稼働で、排出するCO2も多量 遮熱色の場合だと… ■太陽光(近赤外線)を跳ね返すため、エアコンは弱で部屋が快適 ■エアコン室外機が排出するCO2の軽減   「④工程塗装」で次回の塗り替え時期を延長! *現在、4工程塗りで塗膜をより長持ちさせる塗料もあります。 🔵プレマテックス・インテグラルコート🔵 POINT01 上塗を保護し、耐候性や耐久性を高める   耐候性・耐久性を高めるだけでなく、艶落ちや色あせも制御するため、お住まいの美観を長期にわたり維持します。 POINT02 遮熱塗装の保護にも効果的 通常、遮熱塗料の顔料(特に濃色)には耐候性が低いものがあり、早期に変退色するリスクがあります。通常の下塗り・中塗り・上塗りの3工程だけでなく、保護コーティングをすることで変退色のリスクを軽減。遮熱塗料のメリットを生かしながら耐候性も高めます。 大切なお住まいだからこそ、納得できる塗料選びを! ご自宅の外壁・屋根塗装で重視するポイントはどこでしょうか? 価格や耐久性、色などこだわりたい部分を辿りながら塗料を選んでみましょう。 外壁・屋根塗装で重視するポイントは? ●価格と耐久性を比較して選びたい シリコン樹脂塗料 ・安く済ませたいけどある程度の耐久性は欲しい フッ素樹脂塗料 ・耐久性はほしいけど価格も譲れない 無機塗料 ・塗り替え回数を減らして経済コストを抑えたい 有機HRC樹脂塗料 ・とにかく耐久性重視! ●「同じ種類の塗料」ならどれも一緒? 外壁・屋根塗装の塗料グレードは「アクリル<ウレタン<シリコン<フッ素<無機<有機HRC」という順番で一般的に認識されています。おおむねその順番に間違いありませんが、塗料の設計はそんなに単純なものではありません。安さを大きく謳うシリコン塗料と高い機能性を謳うシリコン塗料がまったく同じわけがないのです。 サイディングの意匠性を残すなら「クリヤー塗装」 サイディングが劣化する前ならクリヤー塗装可能! 美しいサイディングの意匠性をそのまま守り続けます。 *クリヤー塗装でサイディングの意匠性を残すには、以下の条件を満たしている必要があります。 ・新築、張替えリフォームから10年以内のきれいな外壁(7~8年以内が理想)であること ・外壁表面に汚れやヒビ、傷が少ないこと ●オプションでもっと理想の住まいづくりを 「中長期的なコスト削減を叶える」「省エネで快適に過ごしたい」「保護コーティングで耐久性アップ」など、わずかな差額で、より理想のお住まいに近づけることが可能です。 ①気に入った塗料で外壁も屋根も塗りたい! 屋根用耐候性強化色 外壁・屋根の次の塗り替え時期が合うため、コスト節約にもなります。 ②省エネ意識! 夏は涼しく過ごしたい 屋根用遮熱色 ③4工程塗装で 塗り替え周期を延長! 保護コーティング ⑤ポイント 価格が高くても耐用年数が長ければ塗り替え回数は減るため、長い目で見るとお得になります! わからないことがあればどんどん塗料メーカーに相談しましょう! 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシミュレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀ LINE 日中お時間のない方に 公式アカウント😊友だち追加 営業マンとのやり取りが簡単に!! まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

続きはこちら

2022年6月10日 更新!
塗料の知識 松山市塗装専門店
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! 02.塗料の知識 塗料の役割や成分、分類別の特徴などをご紹介します。 ●下塗りの役割 ①下地の素材や状態に合う機能を追加 ②中塗り・上塗りの密着性を高める ③塗料の吸い込みを止める   ●下塗り材の種類 ■シーラー ■プライマー 上塗り塗料が下地に吸い込まれるのを防ぐ どちらも下地と上塗り塗料の密着性を高めるだけでなく、下地に吸い込ませることで上塗り塗料が下地に吸い込まれるのを防ぎます。プライマーには防錆効果(錆止め)を持たせた製品もあり、外壁や屋根の種類、下地の状態によって使い分けをします。 ■フィラー 下地の凸凹をなめらかに調整する 主にモルタル外壁などに使います。シーラーやプライマーに比べ粘度の高いもったりとした下塗りで、下地にある凸凹をなめらかにし、下地を調整する目的で使用します。 ■サーフェイサー 上塗りの性能・光沢などをより引き出す 下塗りと下地調整の役割を兼ね備えた、シーラーとフィラーの中間のような下塗り塗料です。シーラーやプライマーよりも膜厚が付き、下地をなめらかにするため上塗りの性能や光沢を引き出すことができます。 下塗りが仕上がりの良さを決まると言っても過言ではありません。 下地の種類や劣化状況に合わせて最適な下塗りを選び、適切に塗装することが「美観」「耐久性」に大きく影響します。 ●塗料の基本構成 その中でも「樹脂」は、塗料(塗膜)の耐久性や耐候性の目安となる最も重要な成分です。 ●塗料の分類-タイプについて- 塗料には「水性」と「溶剤」があります。 さらにその中にも缶を開けてそのまま塗装できる「1液型タイプ」と、主剤と硬化剤を混ぜ合わせる「2液型タイプ」があります。 「1液タイプ」缶の種類は1缶で、、開けたらすぐに使えます。 「2液タイプ」主剤と硬化剤に分かれており、使用直前に混ぜ合わせます。 ●塗料の分類 塗り替えに使用する塗料は、塗料の中に含まれる主成分(主に樹脂)の違いでも分類できます。 期待耐用年数:約4年 アクリル樹脂塗料 耐候性は低いが、水蒸気を通す透湿性に優れており、公共建築物の新築工事やマンション新築工事の準外部(軒天など)に活用されている。 期待耐用年数:約7年 ウレタン樹脂塗料 ウレタン結合と呼ばれる化学反応によって生成された樹脂(ポリウレタン)を主成分とした塗料で、柔軟性や付着性に優れている。 期待耐用年数:約10年 シリコン樹脂塗料 価格と耐候性のバランスが良いため一番普及している塗料。同じシリコンでも種類・性能はさまざまである。 期待耐用年数:約15年 フッ素樹脂塗料 フッ素は最も高い結合エネルギーを持つ樹脂だが、製品によってその配合量や種類はさまざまである。 期待耐用年数:約15年以上 無機塗料 ガラスや石と同じ分子結合を持つ樹脂設計で紫外線・汚れに強い。耐候性が20~30年の製品もある。 期待耐用年数:約30年 有機HRC樹脂塗料 複合樹脂、高次元ラジカル制御、顔料設計に裏打ちされた建築用上塗材の最高峰。 ●「ラジカル制御形塗料」はどうして分類に入らないの? 「シリコン塗料以上の耐候性でオススメですよ」と業者から「ラジカル制御形塗料」を提案された方もいるのではないでしょうか。 ●「ラジカル」とは 紫外線が外壁や屋根の塗膜に当たると、劣化因子「ラジカル」という物質が生成されます。ラジカルは塗料の樹脂を破壊するため、塗膜劣化の大きな要因となっています。 ラジカル制御形チタンは、酸化チタンの表面を無機バリア層でコーティングすることにより、発生したラジカルをバリア層内に封じ込め、ラジカルの増殖を制御します。また紫外線、水、酸素などの侵入も防ぎます。 ●「ラジカルラジカル制御形塗料とは「ラジカルの発生を制御できるラジカル制御形参加チタンを、白顔料として使用している塗料」のことですが、実は近ごろの酸化チタンはすべてラジカル制御されています。つまりすべての塗料が「ラジカル制御形塗料」ですので、塗料の分類のひとつとして紹介するのは誤りです。 ●期待耐用年数って? 期待耐用年数とは、塗膜の寿命=次の塗り替え時期の目安です。 今すぐに外壁・屋根塗装をするわけではないけど、話だけでも聞いてみたいという方もお気軽にご連絡ください! 塗装工事は一般の方にはなじみがあまりないため不安なこともあるかと思います。そんな方も一度、影浦塗装工業の塗装専門ショールームにお越しください。塗装の事なら何でもわかるショールームとなってります! みなさまのお越しをお待ちしております!!! お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555) 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシュミレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀            LINE      日中お時間のない方に              公式アカウント😊友だち追加      営業マンとのやり取りが簡単に!!       まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。  

続きはこちら

2022年6月3日 更新!
住宅の塗り替えガイド 松山市の塗装専門店
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! 01.塗り替えについて 「塗装の目的」というと“見た目をキレイにするため”と思われている方が多くいらしゃるようです。確かに、美観の向上は目に見えてわかる変化ですが、実は他にも非常に重要な役割があります。 塗り替えを行う必要性とは もし、お住まいに「塗装」がされいなかったらどうでしょうか…。 紫外線や雨・風にさらされ、あっという間に建物は劣化し、やがて崩壊にいたります。 「塗装」をすることによって塗膜が紫外線や雨風などの侵入を防ぎ、外壁や屋根を劣化から守るため、建物の寿命を延ばしているのです。 *建物を守る大事な塗膜ですが、塗膜にも「寿命」があります。 建物を保護するために塗られた塗膜も、紫外線や雨風にさらされ経年劣化していき、その「役割」を徐々に果たせなくなります。 そのため、塗膜が劣化し外壁・屋根に損傷を与える前に再塗装(塗り替え)が必要になります。 塗り替えのサインって? 塗り替えの適切なタイミングを見極めるには、劣化が進行する前に建物が出している「塗り替えのサイン」を見逃さないことが重要になります。塗り替えサインに気づくには、塗膜がどのように劣化していくのかを知っておくことが大切です。 ①艶引け 新築時よりも屋根・外壁の艶がなくなる。 ②変色・退色 屋根・外壁の色が薄くなる・変色する。 ③チョーキング 外壁を手で触ると白い粉状のものが付く。 ④ひび割れ 塗膜にひび割れが起きている。 ⑤剥がれ 塗膜が剥がれてしまう。 塗り替えの目印は「チョーキング!」 チョーキングは塗膜表層の樹脂が劣化することにより、塗膜内の顔料が露出し、粉となって現れた状態です。これより劣化が進むと塗膜としての「役割」をはたせず、外壁・屋根そのものを傷めてしまうおそれがあります。劣化が進行してからの塗装工事は、塗装の他にさまざまな箇所の補修や補強が必要となるケースが多く、必然的に工事費の額も大きくなってしまいます。そうなる前に、外壁・屋根塗装の損傷が始まっていない段階で行うことをおすすめします。 !古いガードレールに触れると白い粉が付くのも、チョーキングが起こっているからなんです。 チョーキングの他にもさまざまな“塗り替えのサイン”があります! ・藻やコケ、カビの発生 ・割れの発生 ・錆の発生 ・ひび割れ ・コーキングの割れ 外壁・屋根診断は「プロの目」で! 「本当に塗り替えが必要かどうか」や「塗り替え以上の補修が必要かどうか」などは、目で見てご自身で判断することはなかなか難しいものです。診断だけなら無料で対応している業者もたくさんありますので、まずはプロによる診断をおすすめします。 塗り替え成功のポイント 実は塗り替えを成功させるポイントは意外とシンプルです。 塗料選び ①どの場所に(部位・基材) ②どのような機能を求め ③どのくらいの耐久性を求めるか 業者選び ①選んだ塗料の機能や性能、耐久性を正しく発揮できる施工を行える業者であるか 塗料と業者の選び方で、住宅塗装の「寿命」に差がでます。 *塗料は「半製品」。塗料だけが良くても理想の塗り替え工事は実現しません! 外壁塗装・屋根塗装で使われる塗料は、塗料だけでは完成品として成立しないことから「半製品」と言われています。現場で塗装業者が正しく塗装をして塗膜となることではじめて、その性能を発揮できる「完成形」として目的を果たすことができます。どんなにすぐれた高価な塗料を使っても、定められた塗装の工程を正しく守らなければその性能を発揮できません。 塗り替えの手順と流れ 工程ひとつひとつに、外壁塗装・屋根塗装を正しく成功させるための重要な役割があります。 ①足場組 足場を組むことにより職人の安全を保ち塗装技術を余すところなく発揮します。 ②高圧洗浄 屋根や外壁に付いた汚れや藻、コケ、チョーキングなどを洗い流します。 ③養生 塗装しない部分を特殊なビニールで保護し汚れないようにします。 ④下地調整 古い塗膜や錆を取り除き、ひび割れや継ぎ目などの補修をします。 ⑤屋根塗装 屋根は紫外線を多く受け劣化しやすいので下塗り後しっかり塗装します。 ⑥外壁塗装 基材に合わせた塗料で下塗り・中塗り・上塗りで丁寧にしっかり塗布します。 ⑦附帯塗装 雨水がつたいやすい箇所なのでしっかり塗装します。 *附帯部とは、外壁や屋根以外の場所のことを指します。外壁塗装・屋根塗装をする際に、併せてとそうすることをおすすめします。 ⑨立ち合い検査 作業終了後はお客様立ち合いのもと、塗装結果を確認していただきます。 ⑩足場解体 足場解体後は綺麗に掃除します。 *施工期間の目安 外壁・屋根塗装 2~3週間 外壁塗装のみ 約2週間 気温・天候などの影響により大幅に前後することがあります。 塗り替えの工程 通常、住宅塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3工程が基本になります。 最近では、上塗りの上から透明な保護コーティング材を塗装する4工程塗装も標準工程になりつつあります。 今すぐに外壁・屋根塗装をするわけではないけど、話だけでも聞いてみたいという方もお気軽にご連絡ください! 塗装工事は一般の方にはなじみがあまりないため不安なこともあるかと思います。そんな方も一度、影浦塗装工業の塗装専門ショールームにお越しください。塗装の事なら何でもわかるショールームとなってります! みなさまのお越しをお待ちしております!!! お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555) 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシュミレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀            LINE      日中お時間のない方に              公式アカウント😊友だち追加      営業マンとのやり取りが簡単に!!       まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

続きはこちら

2022年5月20日 更新!
塗装会社は松山市で長く経営している 塗装会社を選びましょう!
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! よくある事実「前回お願いした会社が倒産してしまっている!」 松山市K様より屋根塗装のご依頼がありました! 色々お話しをしていると、「既に以前塗装した会社がなくなってしまっていて(倒産した・廃業した)きちんと塗装してくれるか分からない。」ということから当社へご相談にこられました。 実は、愛媛県松山市で塗装をご検討されている方のご質問で多いのは、「外壁塗装や屋根塗装をする業者の選び方が分からない」もしくは「以前依頼した塗装会社・施工会社と連絡が取れない」という真実です。 Q,それでは外壁塗装や屋根塗装をする際に何を基準に選んだら良いのでしょうか? A,「地元松山市で長く塗装専門で工事をしている会社を選ぶこと!」です。 地元松山市の会社が良い理由は、「施工実績がある・困った時にすぐ駆けつけてくれる・ご近所に聞けば評判が分かりやすい」からです。だからこそ、地元松山市の塗装会社を選んだ方が正解となります。 企業の30年生存率は? まずは、企業の30年生存率を見てみます。 帝国データバンクの統計データによると、企業の10年後の生存率は約70%、20年後に約52%となっています。 今誰もが知っているような大企業の数々も含めても、20年後には約半分しか生存していないということです。 それだけ企業の生存競争は激しいということが分かります。 一方で、30年近くなると企業の生存率は横ばいに近くなっていることから、「30年以上続いている企業はだんだんと安定してくる」ということも見えてきます。 自社に塗装職人を雇用している会社に任せましょう! 塗装前の準備や周辺環境への気配り、実際に住まわれている方がストレスをなるべく感じないように配慮するなど、様々なことを意識しながら施工しております。また職人一人一人が会社の名前を背負って実際の修理や施工を行うため仕事の質が向上するとともに、仕事の責任が明確になり、お客様にとっても安心して任せられるのです。 費用の面で考えれば、現地調査や見積書提出からはじまり修理完了後のアフターフォローまで外部の業者に協力を依頼しないため、中間マージンが発生しないのでその分のコストが安く仕上げられることがあげられます。 🟡🟢スタッフ紹介 しかし自社職人だから「安心」、他社に頼むから「手抜き業者」ではありません。 所属が自社であれ他社であれ、大切なことは「いかに職人を教育できるのか」という会社の姿勢。そして、予備知識が無く不安なお客様を放っておかないことです。 技術の高い塗装職人が在籍している 私たち影浦塗装工業は創業・昭和52年の設立からお客様との出会いを大切にし、小さな工事であっても自分の家のつもりで一つ一つの工事を丁寧に行ってきました。同じ外壁塗装でも家によって作りは変わります。必ず一級塗装技能士が施工しますが、外壁ひとつをとっても、ただ資格があるからというだけでなく、家の作りが変わればそれだけのノウハウが存在します。同じ一級塗装技能士でもあるゆる様々な家の外壁状況への対処方法を知り尽くした職人が施工をします。 工事後・最長10年のアフターフォローでお家を末永く見守ります! 影浦塗装工業では、工事完了後は塗料の耐久年数に応じて5年・8年・10年の塗膜保証書を発行しています。職人直営だからこその安心と自信の証です。 もちろん、保証書を発行するだけでなく、塗装後のタイミングで専任のアフターメンテナンススタッフが無料点検にお伺いします。ご不安な点があれば、定期点検のタイミングでなくてもすぐにご連絡ください。 今すぐにやるわけではないけど、話だけでも聞いてみたいという方もお気軽にご連絡ください! 塗装工事は一般の方にはなじみがあまりないため不安なこともあるかと思います。そんな方も一度影浦塗装工業の塗装専門ショールームにお越しください。塗装の事なら何でもわかるショールームとなってります! みなさまのお越しをお待ちしております!!! お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555) 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシュミレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀            LINE      日中お時間のない方に              公式アカウント😊友だち追加      営業マンとのやり取りが簡単に!!       まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

続きはこちら

2022年5月19日 更新!
ルーフィングとは?雨漏りに強い3つの種類と屋根が長持ちする選び方
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! お家の劣化原因の一つに「雨漏り」があります! 内部構造に水分が浸透してしまうと、劣化や腐食を早めてしまいます。築年数が増すと、雨漏りの心配も出てきます。 今回は防水として大きな機能を果たす「ルーフォング」についてまとめました。 松山市M様邸の屋根の修理のご依頼です。 ルーフィング(ルーフィングシート)とは、 ルーフィング(ルーフィングシート)とは、屋根材の下に敷く防水シートのことです。 普段は屋根材の下に隠れてしまうので、全く目にすることがありません。新築や葺き替えの時でないと、ルーフィングを直接見る機会はありません。 そのため劣化や破れになかなか気づきにくく、気づくのは雨漏りなど甚大な被害が出た後になってしまうことが多々あります。 ルーフィングの役割 ルーフィングの役割は防水ですが、正しくは屋根材の雨仕舞で防ぎきれず、屋根材の下に侵入を許してしまった水を「屋根内(屋根裏)に入れず外に流すこと」です。あくまでも屋根材の機能とセットでの防水効果になります。 ルーフィングの重要性 ルーフィングは、普段目には出来ませんが、本当は屋根材以上にとても重要な建材なのです。屋根材の効果について勉強し、どの屋根材がいいか深く検討される施主の方は多いですが、このルーフィングにまで気を使って屋根を考えている方はどれだけいるでしょうか。このルーフィングをしっかりと施工しないと、雨漏りや野地板の腐食の危険性がとても高まってしまいます。しっかりとチェックできるのは屋根を作る新築の時か、屋根の葺き替えの時だけですので、要注意です。 ルーフィングの種類 ルーフィングの種類は様々ありますが、本日は代表的な3つをご紹介します。 ①アスファルトルーフィング アスファルトルーフィングは、広く使われて居る一般的なルーフィングで、ルーフィングといったらこれを指すことが多いです。名前にも付いている通り、道路のアスファルトと同じ成分で作られていて、原紙と呼ばれるフェルト状のシート紙に、アスファルトを染み込ませてつくられています。中でも、「ゴムアスファルトルーフィング」と呼ばれる「改質ゴムアスファルト」を使用したものは、自己接着性があり伸びや曲げに強いので、木造住宅のルーフィングにおすすめです。 ②透湿ルーフィング 有名なのは、防水でおなじみのデュポン社の高機能防水シート、タイベックを使用したルーフィング。透湿性・耐久性・防水性に優れていて、熱と圧力だけで結合させた不織布状のシート。抜群の強度と耐久性能があり、高い評価を得ています。野地板の湿気を素早く屋外に透過・放出する効果もあり、結露の発生を抑制し、野地板の腐敗・変形を防ぎます。また、熱に対する優れた耐久性能も確認されています。 ③遮熱ルーフィング アスファルトルーフィングの150倍の透湿性能があり、小屋裏の湿気を速やかに屋外に逃がし凍結と腐れを防ぎます。 夏は外からの熱を反射し、冬は屋内の熱を逃がさず、効率のよい冷暖房の効果を高めることができます。屋根全面から湿気を逃がし、住まいの耐久性+省エネ効果が期待できます。 ルーフィング貼り方 ルーフィングの機能性を最大限に高めるためには、正しい貼り方をすることも重要です。工期を無理に抑えるのではなく、しっかり施工してもらって、雨漏りの発生を抑えましょう。メンテナンスの頻度が削減でき、長期的なコストパフォーマンスが高まります。 ①タッカーで留める ルーフィングシートは、タッカーと呼ばれるホッチキスのような道具で下地の木材に貼り付けていきます。タッカーを正しく使うには高い技術力を必要とします。 屋根には勾配がつけられており水平ではないので、直下に打ち付けるのが意外と難しいのです。タッカーを直角に打ち込むことができず、一部が浮いた状態になってしまうと、その穴から雨水が浸入する危険性は増してしまいます。また、タッカーを強く打ちすぎた場合は、シートを傷めてしまう危険が高まります。こうなるとルーフィングが破損する可能性があり、雨漏りのリスクを高めることになってしまうのです。このようなことを防ぐためにも施工経験の豊富な業者に依頼することをおすすめします。 ②粘着型のルーフィングシートを利用する ルーフィングシートの中には、初めから粘着テープが片面に取り付けられているものがあります。シールのように貼り付けるだけで、ルーフィングシートを設置できます。穴を一切開けずに施工できるので、防水性能はタッカー留めよりも高くなりますが穴が広がり破れに発展する危険もないため、ルーフィングシートがより長持ちする効果も期待できます。 まとめ 屋根の下地として敷くルーフィング材は、屋根材を葺いてしまえば、なかなかメンテナンスをすることができません。今回、ご紹介したようにルーフィング材には様々な種類があり、それぞれ特徴や施工方法は異なります。ルーフィングは、メンテナンスしにくい部分なので、耐久性や機能性を重視して選びましょう。 今すぐにやるわけではないけど、話だけでも聞いてみたいという方もお気軽にご連絡ください! 塗装工事は一般の方にはなじみがあまりないため不安なこともあるかと思います。そんな方も一度影浦塗装工業の塗装専門ショールームにお越しください。塗装の事なら何でもわかるショールームとなってります! みなさまのお越しをお待ちしております!!! お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555) 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシュミレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀            LINE      日中お時間のない方に              公式アカウント😊友だち追加      営業マンとのやり取りが簡単に!!       まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

続きはこちら

2022年5月13日 更新!
住宅リフォーム事業者団体登録制度とは?
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! ご存じでしたか? 数ある住宅リフォーム事業者のなかには「国が登録した団体」に所属している事業者があるんです! 住宅リフォーム事業者団体登録制度 「住宅リフォーム事業者団体登録制度」とは 消費者が安心して住宅リフォームを行うことができる環境の整備を図るため、 等の要件を満たす住宅リフォーム事業者の団体を、国土交通省において登録するものです。 団体に所属する事業者の表示 登録団体と公表された事業者のみが、住宅リフォーム事業者団体ロゴマークを使えます。また、登録された団体の会員事業者は、団体のホームページに公表されます。 影浦塗装工業も住宅リフォーム事業者団体に登録しています😄 登録事業者へも、さまざまなメリットがあり技術の向上・最新のセミナーにも参加でき、消費者のみなさまにより良いサービスを提供できます! 安心の理由 団体に所属している事業者を選ぶことによる、安心の理由をご紹介します。 Reason1 登録団体の実施する講習等の研修を受けています 構成員事業者は登録団体の実施するコンプライアンス研修や技術講習等の研修を受けています。 Reason2 トラブルなどの相談ができます 登録団体は、相談窓口を設けて、構成員事業者の行ったリフォーム等に関する消費者からの相談に対応し、構成員事業者に対して必要な指導等を行います。 Reason3 万が一のときに備えた保険制度 構成員事業者は、契約時に必要な書面を交付し、一定額以上の工事では瑕疵(かし)保険に加入します※。※注文者があらかじめ書面で不要の意思表示をしている場合を除く Reason4 リフォーム工事にかかる書面の交付 構成員事業者はリフォーム工事を請け負う際に請負契約書及び内訳を明確に記載した見積書を交付します。 団体として人材育成や相談対応を行うとともに会員事業者としては、書面による契約の締結や瑕疵保険の加入を行うこととしているのですね。安心感がありますね。   今すぐにやるわけではないけど、話だけでも聞いてみたいという方もお気軽にご連絡ください! 塗装工事は一般の方にはなじみがあまりないため不安なこともあるかと思います。そんな方も一度影浦塗装工業の塗装専門ショールームにお越しください。塗装の事なら何でもわかるショールームとなってります! みなさまのお越しをお待ちしております!!! お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555) 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシュミレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀            LINE      日中お時間のない方に              公式アカウント😊友だち追加      営業マンとのやり取りが簡単に!!       まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

続きはこちら

2022年5月9日 更新!
屋根の寿命【耐用年数】
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! 屋根の寿命は30年と言われていますが、定期的なメンテナンスをしておけば必ず寿命は延びます! 本日は屋根の寿命【耐用年数】についてのご紹介です! 寿命【耐用年数】 屋根材の寿命【耐用年数】は屋根の良い状態を保っていられる年数のことを指しています。どのタイプの屋根材でも、耐用年数を最大限まで引き上げるためには良い状態を保ち続けなければいけないため、定期的なメンテナンスが必要です。 屋根の寿命【耐用年数】が分かることで、最適な時期に屋根修理を行うことができるようになります。 屋根材の種類と耐用年数 屋根材 耐用年数(寿命) メンテナンス時期 スレート屋根 (カラーベスト) 15年~25年 7~8年 アスファルトシングル 20~30年 20~30年 トタン屋根 10~20年 10~15年 ガルバリウム鋼板 20年~30年 20~30年 セメント系瓦 30年~40年 10~15年 粘土系瓦 (日本瓦) 50~100年 20~30年 防水シート (ルーフィング) 20~30年 20~30年 スレート屋根(化粧スレート・コロニアル・カラーベスト) *天然スレート:粘板岩を薄い板状に加工した屋根材 *化粧スレート:セメントに繊維素材を混合して薄い板状に加工した屋根材 天然スレートは価格が高いため、現在は化粧スレートが多く使用されています。スレートは「コロニアル」や「カラーベスト」と呼ばれることがありますが、呼び方が違うだけですべて同じ屋根材です。 現在、化粧スレートを生産している唯一のメーカー商品が「カラーベスト」であり、カラーベストの代表的な商品名を「コロニアル」と呼びます。 スレート屋根自体は薄く加工されているため、しっかりとメンテナンスを定期的に行う必要があります。 🟤松山市 S様邸スレート屋根施工事例🟤 メリット 1. 価格が安い 2. 耐震性が高い 3. 施工しやすい 1.価格が安い スレート屋根は価格が安いことがメリットのひとつです。 施工に使用する部材がスレート本体以外にほとんどないため、安い価格で施工できることが大きな特徴です。 特に新築工事の場合は、他の屋根材に比べて安い価格で施工することが可能です。 なるべくコストを抑えて施工したい人におすすめです。 2.軽量で耐震性が高い スレート屋根は、厚さ約5ミリメートルの軽い屋根材です。 粘土瓦と比べると半分程度の重さしかなく、1平方メートルあたり21キログラムと非常に軽いことが特徴といえます。 スレート屋根は、建物にかかる負担が少なく、地震の揺れに強いことがメリットです。 3.施工しやすい スレート屋根は日本の戸建ての屋根材としてもっとも普及しているため、依頼できる施工業者が多いことがメリットです。 依頼できる施工業者が多いと、新築工事だけではなくリフォームやメンテナンスのときにも依頼しやすいといえます。 長い目で見ても安心できる点が大きな特徴です。 デメリット 1.塗装メンテナンスが必要 2.ひび割れしやすい 3.雨漏りしやすい   1.塗装メンテナンスが必要 スレート屋根の素材自体には雨水を防ぐ「防水性」がないため、生産時に塗装をすることで防水性を高めます。 塗料は紫外線や雨、風などにさらされることで、いずれは剥げてしまいます。 塗装が剥げたままにしておくと防水性が失われて雨漏りの原因となるため、定期的に塗装メンテナンスが必要となるでしょう。 2.ひび割れしやすい スレート屋根は、他の屋根材に比べてひび割れしやすいことがデメリットです。 塗装が剥げて防水性が失われることによって、急激な雨水の吸水と乾燥を繰り返すことでひび割れが起きてしまいます。 また、スレートに切れ込みを入れるなど少し凝ったデザインの場合は、より割れやすくなります。 3.雨漏りしやすい スレート屋根が雨漏りしやすい原因はいくつかあります。 •塗装が剥げて雨水がしみ込む •ひび割れ部分から雨水が侵入する •反りや浮き部分から雨水が侵入する   スレート屋根は耐久性があまり強くないため、こまめにメンテナンスを行わなければ雨漏りが発生し、屋根を構成する屋根材・防水シート(ルーフィング)・野地板などにも影響を与え、屋根を丸ごと新しい素材へ交換する修理工事が必要になる場合もあります。 定期的なメンテナンスを行うことで、将来的にかかる屋根のメンテナンス費用も抑えることに繋がります。放置してておくと雨水が深部まで入り込み、屋根だけでなく建物全体の劣化が深刻になる恐れがあるので注意が必要です! アスファルトシングル アスファルトシングルはガラス基材にアスファルトを浸透させ、表面に石粒を吹き付け接着してある屋根材です。シート状で扱いやすく、複雑な屋根形状にも施工することができます。石粒の色によってさまざまなカラーバリエーションがあり、洋風な家だけでなく落ち着きのある和風の家にもマッチします。 メリット 1.デザイン性が高い 2.割れや錆に強い 3.軽量で耐震性が高い 1.デザイン性が高い アスファルトシングル材は、軽量で加工しやすいことから複雑な屋根の形状に合わせて施工することが可能です。 さらに、石粒の色によってさまざまなカラーが再現できることから、和・洋どちらの住宅の雰囲気にも合わせやすく、デザイン性が高いことがメリットです。 2.割れや錆びに強い アスファルトシングル材は、薄いシート形状でとても柔らかいことから割れる心配がありません。 さらに、アスファルト性の防水紙と石で製造されているため錆にも強いことがメリットです。 一般住宅に使用することが多い「屋根瓦」や「金属の屋根材」との大きな違いとも言えます。 3.軽量で耐震性が高い アスファルトシングル材は、屋根瓦やスレート屋根に比べてとても軽く、建物に負担がかかりにくいため耐震性が高いことがメリットです。 重量は屋根瓦の約5分の1と非常に軽く、地震が多い日本でも安心して使用できる屋根材です。 デメリット 1. 強風に弱い 2. 劣化しやすい 3. はがれやすい 1.強風に弱い アスファルトシングル材は薄くて軽いことがメリットですが、実はデメリットでもあります。 薄くて軽いがゆえに強風に弱く、反りややぶれが起きる可能性があります。 山間部など風が強い地域に住んでいる人は注意が必要です。 2.劣化しやすい アスファルトシングル材は、水分や湿気、気温が原因で劣化しやすいことがデメリットです。 湿気の影響でカビやコケが発生しやすくなり、気温が高いと熱による伸縮や紫外線の影響で劣化しやすくなります。 さらに、気温が低いと水分が内部で凍ることも劣化の原因になります。 日当たりが悪い環境や、気温差が激しい地域に住んでいる人は注意が必要です。 3.はがれやすい アスファルトシングル材は、表面の石粒がはがれやすいのがデメリットです。 表面の石粒がはがれたまま放置しておくことは、劣化を早める原因にもなります。 また、はがれた石粒が雨どいに詰まることで雨水がうまく流れず、外壁や基礎部分を濡らして建物内部に水が侵入する恐れがあります。 石粒のはがれは2次被害をおよぼす可能性もあるため、雨どいの清掃をこまめにする必要があります。 トタン屋根(瓦棒) トタン屋根とは別名・瓦棒と呼ばれる屋根で、金属系の屋根の代表例です。 棟から軒先まで一枚の金属板を使用するため、緩勾配の屋根に施工でき雨仕舞も良く加工性に優れているため、あらゆる形の姉に対応する事ができるのも特徴のひとつです。 メリット 1.重量が軽い 2.雨漏りリスクが低い 3.費用が比較的安い 1.重量が軽い 瓦棒葺きに使用される屋根材は、ガルバリウム鋼板などの金属系の屋根材のため、重量が軽くなっています。屋根材が軽いため、建物への負担を軽減することができます。 2.雨漏りリスクが低い 瓦棒葺きは、緩勾配の屋根に採用できる工法です。 緩勾配の屋根はその分水捌けが悪くなるので雨漏りのリスクが高くなりますが、瓦棒葺きは、棟から軒先まで一枚の屋根材を使用するため、継ぎ目が少なく雨漏りのリスクも軽減することができます。 継ぎ目が少ない瓦棒葺きは勾配が緩い屋根でも水が流れやすくなっているので雨漏りのリスクを軽減できるメリットがあります。 3.費用が比較的安い 瓦棒葺きは施工方法なども比較的簡単なため、費用も抑えることが可能です。安く施工でき屋根材の重量も軽く、さらに雨漏りのリスクが低いとなると、瓦棒葺きは大変魅力的な工法です。 デメリット 1.断熱性が低い 2.遮音性が低い 3.サビが発生しやすい 4.固定する木が腐食してしまう   1.断熱性が低い 金属であるため熱を通しやすく断熱性が低い。夏場は暑さを、冬場は寒さをそのままダイレクトに反映してしまいます。 2.遮音性が低い 外の音が通りやすく、雨が屋根を打ちつけると雨音が室内に響き渡るほど大きな音となることがあります。 古い体育館などでは金属板の屋根が使われていることが多くあります。 3.サビが発生しやすい 塗装が劣化したり傷がついて剥がれたりすると、サビが発生します。 発生してしまうと広がるスピードも早く、サビたことに気づかないまま放置していると穴が空き、雨漏れの原因に。 4.固定する木が腐食してしまう 瓦棒葺きはトタンを芯木に釘で打って固定していきますので、その芯木がダメになってしまうと強度が保てません。経年や軒先からの水の吸い上げで腐食すると釘の部分が弱くなり、強風で外れてしまう危険性があります。   瓦棒葺き屋根は現在では減少傾向にあります。 現在の金属屋根の施工ではほとんどが立平葺きで、さらに使用される金属板もガルバリウム鋼板やスレートが主流となっています。   ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛・シリコンなどから作成された建物用の素材です。鋼板とは、工場などで板状に加工された板金(板状に加工された鋼)になり、薄いものから厚いものまで様々な厚さがあります。 メリット 1.錆びにくい 2.熱が反射しやすい(遮熱効果や耐熱性) 3.軽い 4.耐久性が高い   1.錆びにくい 錆びにくいということは、それだけメンテナンスをする周期を遅らせることができるため、手間もかからず何度も修理やリフォームする費用が不要となり、将来的な屋根の修理コストを下げることができます。 2.熱が反射しやすい(遮熱効果や耐熱性) 熱が反射しやすいということは、外からの暑さを防ぎ・室内の暖かさを外に逃げさせないようにすることができるため、室内の環境維持に役立ちます。 3.軽い 軽いということは、お家への負担を減らせるということです。屋根材というのは一つ一つは軽いですが、屋根に屋根材を一面敷き詰めるとかなりの重さになるので、お家への負担が増えます。地震があった時など影響が強いため、なるべくお家に負担をかけない形がいいですが、ガルバリウム鋼板は高耐久で軽い素材なので、お家にも優しい屋根材となります。 4.耐久性が高い 耐久性が高いということは、長持ちするということです。スレート屋根(カラーベスト・コロニアルなど)は耐久性があまり強くなく、こまめなメンテナンスが必要となり、メンテナンスごとにお金がかかります。ガルバリウム鋼板は耐久性が高い分、メンテナンス時期が遅いため、何度も屋根のメンテナンスをしなくてよくなり、手間が減り将来的なメンテナンス費用も安くすることができます。 デメリット 1.費用が高い 素材の品質が高いため、初期の導入コストは高くなります。 瓦(セメント系瓦・粘土系瓦) セメント系瓦(モニエル) セメント系の瓦は、工場などでセメントを使って屋根の形に成形した屋根材のことで、セメントが屋根の形として固まったら、塗装で補強していきます。 メリット 1.災害に強い 2.遮熱性や防音性に優れている 3.デザイン性が高い 1.災害に強い モニエル瓦は、着色スラリーを塗装することで、強風や豪雨に耐える強度を与えています。 そのため、ほかの瓦に比べて防水性や耐火性に優れています。 2.遮熱性や防音性に優れている モニエル瓦は素材自体が頑丈なため、夏の暑い日差しを屋根でとどめてくれる遮熱効果があります。 また、防音性に優れているため、雨音や雑音も気になりません。 3.デザイン性が高い モニエル瓦は和型や洋型などデザインにも多様性がある屋根材です。 また、着色スラリーを利用しているため、色彩も豊富です。 デメリット 1.メンテナンスが大変 2.金属瓦に比べて重い   1.メンテナンスが大変 モニエル瓦の表面には「スラリー層」と呼ばれる層ができています。 スラリー層が劣化すると、瓦の表面が粉っぽくなります。 2.金属瓦と比べて重い モニエル瓦は主成分がセメントのため重い屋根材です。 金属屋根の重さは1平方メートルあたり約5キログラムです。 一方で、モニエル瓦は1平方メートルあたり約43キログラムと、8倍もの重さがあります。 **モニエル瓦の形状は、以下の4種類があります。 洋型 洋型は立体的なフォルムをしています。 和風よりも洋風の家に適しているため近年の住宅でよく使われています。 平型 平型は凹凸の少ない形状をしています。 屋根が広く見えるのも特徴の1つです。 和風建築だけでなく、洋風建築にも使われることが多いデザインです。 S型 S型は南欧風の大きく波打った形状をしています。 陰影が美しいデザインで、通気性と断熱性に優れています。   粘土系瓦 粘土を主成分とし成型・焼成しており、表面の炭素膜が年月の経過と共に剥がれ落ち、変色してきます。(上記写真のようにまだら模様みたいなものが出ているのが特徴です。) 粘土瓦は、他の屋根材に比べて重く、耐震性能を考慮する必要があります。 定期的なメンテナンス(塗装工事)は不要な素材になります。 メリット 粘土瓦は耐久性が非常に優れており、基本的に塗装が必要ないことが大きなメリットです。 デメリット 屋根材の中では価格が高いことです。 また、瓦自体が重いため建物の耐震強度に影響することがあります。 セメント瓦とモニエル瓦の違い セメント瓦とモニエル瓦の違いは、小口と呼ばれる瓦のフチ部分にあります。 小口が滑らかな形状だとセメント瓦、凸凹があってギザギザしているタイプがモニエル瓦です。基本的に屋根の下から見ただけでは判断できません。 防水シート(ルーフィング) 防水シートとは、屋根材(スレート・ガルバリウム・瓦など)の下に敷かれている雨水を防ぐための特殊なシートです。防水シートは雨漏りを防止するために、非常に重要です。 通常であれば屋根材によって雨水が防がれていますが、屋根材が割れたりズレたり何らかの不具合が生じると、屋根材の下に雨水が流れ込みます。防水シートは、屋根材では抑えきれなかった雨水を、建物内に侵入させないようにします。 🟠棒瓦 防水シート施工事例🟠   まとめ 屋根材にはいくつもの種類があります。そして寿命【耐用年数】があるのは共通しています。雨漏りや、永年劣化を事前に防ぐためにも、屋根の寿命をしっかり把握し適切なメンテナンスを施す必要があるのです。 また屋根が寿命を迎える時期には、同時に外壁などにも劣化が目立ち始めるころと言えます。屋根の異変に気づいた際は、一度家全体を見直し必要な箇所・状況に応じて適切なメンテナンスをおすすめします。 今すぐにやるわけではないけど、話だけでも聞いてみたいという方もお気軽にご連絡ください! 塗装工事は一般の方にはなじみがあまりないため不安なこともあるかと思います。そんな方も一度影浦塗装工業の塗装専門ショールームにお越しください。塗装の事なら何でもわかるショールームとなってります! みなさまのお越しをお待ちしております!!! お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555) 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシュミレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀            LINE      日中お時間のない方に              公式アカウント😊友だち追加      営業マンとのやり取りが簡単に!!       まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

続きはこちら

2022年5月1日 更新!
塗装係数の不思議!松山市の皆様必見です!
松山市のみなさま、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です! 【塗装係数】って何?? 屋根塗装の見積書には、記載されている塗装面積が実際の屋根の面積よりも多くなっているものがあります。 そんな見積書を見たら「見積書の数量が間違っている」と思ってしまいがちです。 実はこれ、一定の係数をもとに屋根の塗装面積を計算しているためで決して 間違いではありません。 この係数のことを【塗装係数】といいます。   塗装係数を理解しておくと、見積書が適切かどうかをチェックする上で非常に役に立つので知っておいて損はないと思います。 1️⃣塗装係数について 塗装係数の定義は(塗装する施工面積の算出根拠となる係数)のことを言います。 わかりやすく言うと。『実際に塗装する部分の数量です』例えば屋根が波型スレートの場合 波型スレートには山と谷があります。 たて2mよこ5mの波型スレートの場合、面積は10㎡になります。 左右にひっぱて平面にすると横の長さが伸びるのはおわかりいただけると思います。 元の長さに対する横に伸びた分の長さを加えた長さの比率が塗料係数となります。 塗装の見積計量は素材を平らにした状態で算出します。 (塗料係数は素材の種類によって異なります) 2️⃣塗料係数を使った面積の計算方法 塗料係数にはどんなものがあるのでしょうか? A折板屋根 屋根面積×塗料係数1.7 B大波スレート(波型1号)屋根面積×塗料係数1.15 C小波スレート(波型2号)屋根面積×塗料係数1.2 D波型トタン屋根 面積×塗料係数1.4 E瓦棒トタン屋根 屋根面積×塗料係数1.2 F洋風コンクリート瓦 屋根面積×塗料係数1.2 屋根面積100㎡の折板屋根 100㎡×1.7倍=170㎡ 屋根面積100㎡の瓦棒トタン屋根 100㎡×1.4倍=140㎡ *同じ100㎡の屋根でも30㎡も違ってしまいます。   塗装係数は屋根以外にもあり、 よく使われるので覚えておくと便利です。 3️⃣塗装係数の応用(外壁面積) 塗装工事者は塗装面積を算出する場合、図面から計算したり実測(実際にメジャーなどで測ること)をして算出します。 一般の方が提出された見積書の面積が妥当かどうかをチェックする程度であれば係数を使って簡単な方法で面積を計算することができます。 外壁面積  =延べ床面積×1.1倍~1.3倍         延べ床面積が30坪(約100㎡)であれば、 外壁面積=100×1.1倍~1.3倍で110㎡から130㎡の間になるという計算です。 *凸凹が多い平面の建物は、同じ床面積でも外壁の面積は大きくなります。 逆に一階と二階の面積が同じ総二階で正方形に近い建物ほど 外壁の面積は小さくなります。 (建物の形、窓やドアの数によって幅がでます。あくまでも目安です。)   このような係数を上手に利用できれば、 見積書が適正かどうかチェックすることができます。 まとめ 同じ物件なのに見積書の数量が大きく違うというのは、数量の拾い方にミスがあるケースと、数量拾いが大雑把なケースがほとんどです。 面積が広くなればなるほど、必要な塗料の量も増えます。 そのため、正確な費用が知りたい時には、実際に平らに伸ばして平面として考えた時の面積を使用して塗装費用を計算します。 この塗装面積を算出する時に使用するのが塗装係数です。屋根材の塗装係数はネットなどで簡単に確認できるので、それを利用して簡単に計算できます。 複数の業者から相見積りをとって比較をするのがもっとも望ましいのですが ご自身でも見積り作成のルールを知っておくと より適正な価格を判断できる様になります。   影浦塗装工業では外壁・屋根塗装のお見積もりが無料です。 松山市のみなさまに安心して任せられる!塗装会社を目指します! お問い合わせはこちらから!     お電話からのお問い合わせはこちらから!(0120-481-555) 影浦塗装工業は外壁・屋根塗装・雨漏り専門店です。 松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 松山市外壁塗装実績NO.1影浦塗装工業が選ばれる理由 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 初めて塗装をご検討中の方必見!初めて塗装の成功は「会社選び」で決まります! 影浦塗装工業5つの初めて! ➤【初めて1】豊富な経験を持った資格取得者が塗装 やはり初めての塗装は信頼できる会社を選びたいですね。代表の私が一級塗装技能士の国家資格を保有しております。そのほか一級建築士・一級防水技能士・外壁診断士が在籍しています。 影浦塗装工業スタッフ紹介はこちら◀ ➤【初めて2】お家を徹底調査! お家の劣化状況によっては、まだ塗装しなくても大丈夫な可能性があります。本当に塗装が必要かどうかの現状をしっかりと確認させていただきます。 外壁・屋根診断はこちら◀ ➤【初めて3】塗装前のカラーシュミレーションで仕上がりをイメージ 色選びのアドバイスは、塗装技術と同じくらい重要です。 このような失敗をなくすために、無料でカラーシミュレーションで作成した配色パターンを提出いたします。 影浦塗装工業ショールームはこちら◀ ➤【初めて4】お得な外壁・屋根塗装パック! 影浦塗装工業おすすめの塗装パックがございます。 その他にも雨漏診断や軽微な箇所の補修もお受けいたします。 無料雨漏診断はこちら◀ ➤【初めて5】無料お見積依頼お問い合わせはこちらからどうぞ 見積ご依頼特典!HPからの来店予約+見積依頼でクオカード1,000円分プレゼント! 24時間365日メールでお問い合わせいただけます◀            LINE      日中お時間のない方に              公式アカウント😊友だち追加      営業マンとのやり取りが簡単に!!       まずは無料相談!! 疑問ご質問何でもお気軽にご相談ください。

続きはこちら