塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

外壁塗装を長持ちさせる!下塗り塗料

塗装の豆知識 2021.08.07 (Sat) 更新

松山市のみなさま、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の影浦塗装工業です!

お家を塗り替える時期が来た時、

専門の知識があれば業者さんが

何を言っているのか理解できますよね😊🙌

外壁塗装はただ壁に塗料を塗ればよい訳ではありません。外壁塗装が完了するまでには、いくつかの工程を踏まなければなりません。

そうしないと塗料が最大限の効果を発揮することができないからです。

その中でも特に重要な意味を持つのが、「下塗り」という作業工程です。

外壁塗装をする、正しい工程は

「下塗」➡「中塗り」➡「上塗り」の3回に分けて行われます。

*業者により「下塗」➡「上塗り」➡「上塗り」の2回というところもあります。

もし、この下塗りという作業を行わなかったら・・・

どうなるのか見て行きましょう。

下塗り塗料が果たす役割

・上塗り塗料には接着力がほとんどなく、そのまま外壁に塗ってもすぐに剥がれてしまいます。

そこで重要になるのが下塗り塗料。

外壁と上塗り塗料を密着させる接着剤のような役割を果たすことで、上塗り塗料の密着性が高まり、早期で剥がれてしまうといった事態を防ぎます。

・外壁材への塗料染み込みを防ぐ

下塗りをしないで中塗り・上塗りをすると、外壁材を直接塗装することになります。

すると下地(外壁)に塗料が染み込み、上塗り塗料の色がぼやけるなどの不具合が生じ

均一な仕上がりにはなりません。

下塗り塗料を塗って下地の色を少しでも隠すことで、

より綺麗な仕上がりにすることができます。

・外壁材の表面を整える

外壁に細かなひび割れなどの劣化がある場合は、下塗り塗料を厚く塗ることで

ひび割れを埋め補修することができます。

それでは代表的な下塗り塗料をいくつかご紹介いたします。

「シーラー」「プライマー」

シーラーとプライマーは、下地が塗料を吸い込むことを防ぎ、上塗り塗料と密着させます。

液状はサラサラとしており、薄く塗れることが特徴です。

劣化した下地や吸い込みが多い下地は、浸透性を持ったシーラーが使用されます。

「フィラー」

劣化が激しい下地に適したフィラーは基本的に外壁のデコボコや、小さなひび割れの補修などです。デコボコの激しい下地を滑らかにします。

そのあとの中塗り・上塗り塗料が塗りやすくなります。

下塗り塗料は、基本的には塗装業者が住まいの状態に合わせて行なってくれますが

「本当に信頼できる業者なのか」を見極めるためにも

下塗り塗料についての情報を最低限知っておくと参考になります。

満足、そして納得のいく外壁塗装を✨

 

 

影浦塗装工業は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
松山市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。